タレカツで英気を養う

 

キャリアトランプの講習で、東京に来るたびに、食べられるのを楽しみにしているのが「タレカツ」です。

 

講習会場のすぐ近くにお店があるのですが、お昼には行列が出来るほどの噂のお店なんですよ!

 

イメージとしてはカツ丼の卵で閉じてない、甘辛ダレの丼って感じでしょううか。

 

カツは薄めで、衣もサクサクで軽いので、女子でもパクパク食べれちゃうんですよ。

 

それでは、そのタレカツの写メどうぞ!!

 

 

 

なんと、新潟発祥だった!?

 

私は初めて食べたのが、東京だったのですがこのブログに書くのに調べたら、タレカツって新潟が発祥の地だったんです。

 

知らなかった〜。

 

さすが、米どころ!お米の味が存分に堪能できる絶妙なカツのサクサク感と甘辛ダレなんです。

 

こうなったら、本場新潟でタレカツを食べてみたいと思えてきました^ ^


グルメの秋!美味しいもので前向きに

 

皆さんにとって「〇〇の秋」と言ったら何が思い浮かぶでしょうか?

 

私は食欲と芸術の秋でしょうかねぇ。



そこで、私が今回ポイントにしているところは、「欲」を最大限引き出すということです。

人間は感情の生き物ともいわれています。そこで大事になってくるのが生活の欲求です。

生理的欲求というのですが、これが人の欲求の土台となっていて、食欲はそこにあたる部分でもあるので最大限引き出すということをいつも心がけています。

この「秋」という時期は、食欲を最大限引き出すことで、私の1年間の土台が固まるというイメージでしょうか・・・

 

ダイエットから目を背けるための言い訳でもありますが・・・

 

話を戻して秋は他の季節よりも食べ物が美味しく感じたり、音楽が心に染みる感じがするのは感受性が強くなっているのかもしれませんね。

 

また、寒くなって来ると心情的にも寂しさを感じる機会が多くなって、夜の月を見てはしんみりして、トンボを見てはその短い命を儚く思い、朝晩の冷えにもう冬かぁと切なくなってしまいます。

 

ただ、今回のタレカツは私に元気をくれました。変わらぬ美味しさで心も体も元気をもらい、前を向いて頑張ろうと前向きになれました。

 

今回は、タレカツをブログで紹介しましたが、私の中で美味しいものを食べるというのは、実は・・・


ストレス発散だったりもするのです


ストレス発散の説明をしていくと長くなってしまうので、今回はここまでにとどめておきます。